子供が居て、まだ幼いと、ついついガミガミと怒ってしまいがちになってしまいます。旦那さんとしては、疲れて仕事から帰ったのに、家庭内でガミガミとしていると、それだけ気分が滅入ってしまうと言うこともあるかも知れません。

これが繰り返されていくと、多くの場合、別居になってしまったり、離婚の問題に発展してしまうことがあります。旦那さんとしては「もっと穏やかに過ごしたかったのに…」ということなのです。

確かに、ガミガミ言い過ぎてしまうと、子供たちへの影響もけっして良いものではありません。そこで、難しい面もあるかも知れませんが、できる限り子供達を叱らなければいけないときも、穏やかに対応できないか挑戦してみましょう。

怒鳴れば、確かに子供は素早く言うことを聞きます。しかし、それを繰り返していると、子供は「怒鳴られるからやらない」というだけになってしまい、「なぜ、それをやってはいけないのか」をあまり考えなくなってしまいます。すると極端な話、「ママが居る前では良い子にするが、いなければ好き放題する」という状態をつくってしまいます。

怒鳴って、手早く済ませた方が親としては楽ですが、ここは少し落ち着いて、冷静に「どうしていけないか」を考えてもらったり、説明したりということに手間をかけていきましょう。その方が、後々、叱ることを繰り返さなくても良くなりますし、自分で考えられるように成長してくれると思います。

もちろん、既に子供への対応が問題になって、別居になってしまっているという人もいると思います。その人はどうすれば良いのか?やはり、まずはご主人がいつ帰ってきても良いように、家庭内の環境を良くしていくことは大切です。旦那さんが帰ってきてから、急に家庭内の空気を良くしようと思っても、無理がありますよね。

ですから、既に別居していたとしても、まずは、今の時間を大切に使って、家庭内の環境良くしていくことに挑戦してみてはどうでしょうか?その努力は必ず、将来、別居の解消にも役立つはずです。