ストレスから子供に八つ当たり!?

夫と別居していることや、夫婦問題について、四六時中考えていると、エネルギーを失います。「夫婦関係が本当に修復出来るのかな?」と考えれば不安になりますし、食欲もなくなります。家事や仕事もやる気が起こりませんし、ストレスから子供に八つ当たりすることもありませんか?

子供に八つ当たりしてしまうと、自己嫌悪に陥って、余計落ち込んでしまいますよね。こうなってしまうと、夫との夫婦問題で、自分と子供の生活が全部台無しになってしまいます。

何としてもこのようなことは避けたいところです。では、夫婦問題で生活が全て振り回されないようにするためには具体的にどうすれば良いのでしょうか?今回は、夫の問題で振り回されて、イライラから子供に八つ当たりなどをしないようにするための方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに、私の生活がどんどん夫のせいで滞るようになりました。子供の世話もあまり出来なくなってしまいましたし、ストレスから子供に八つ当たりなどもしてしまいます。そんなときは本当に自分が嫌になるんですよね…。この悪循環、どう止めれば良いですか?

夫婦問題について考えない時間

「夫婦問題のストレスから子供に八つ当たりしてしまう」。

このようなことを防ぐには、思い切って「夫のことを考えない時間」、「夫婦問題と距離をとって頭を冷やす時間」をとる事が必要です。1日の内の数時間でも良いですし、可能なら、2、3日くらい、夫婦問題について考えない時間をとりたいものです。

夫婦問題について考えない時間をとった方が、返って考えが整理され、自分のとるべき行動なども定まってきます。実際、オレゴン大学の実験で、このようなものがあります。

3つのグループに下記のような形で学習をしてもらいます。

  • Aグループ:4時間ぶっ通しで学習。その後、テスト
  • Bグループ:4時間の間に30分休息をとって学習。その後、テスト
  • Cグループ:4時間の学習の後、4時間休息をとって、その後テスト

このようにテスト結果を比較すると、一番、点数の低かったのはAグループ。そして、一番高かったのは、Cグループになりました。これは「孵化効果(ふか・こうか)」と呼ばれるもので、休息を入れることによって、かえって問題に対して柔軟な考えができるようになるという現象です。

夫婦問題についても同じで、ずっとそのことばかり考えていると、行き詰まりが出てきて「もうダメだー」と悲観的な気持ちばかり湧いてきてしまいますよね?そうならないためには、きちんと「夫婦問題について考えない時間をとる」ということが大切です。

しかし、難しいのは「考えない」ということです。「考えない方がいい」と思っていても、どうしても、気になってしまいますよね。

例えば「夫婦問題についてもう考えないぞ!」と思えば、その瞬間、夫婦問題のことばかり気になってしまいます。そこで、ここでは具体的に「考えないための方法」を3つお伝えします。

友人と一緒に過ごす

1つ目は、友人などと一緒に時間を過ごす…というものです。自分1人で過ごすより、基本的には他人と一緒に過ごした方が、気分を変えやすいですし、別居のことや夫婦問題のことについてあまり考えないで済みます。

他人と一緒にいると、今、目の前にいる人に意識が向かうため自然に夫婦問題について考えることが減っていきます。もちろん、友人と別れた後は、また夫婦問題について考えてしまう…と言うことがあると思います。しかし、少なくとも、友人と一緒に過ごした間は、夫婦問題について考えないで済みます。

このように、「考えないで良いスペースをとる」ことで、生活全般に心の余裕をもたらします。結果として、ストレスから子供に八つ当たりするなどのことも減らせる効果があります。

新しい体験を積む

2つ目は、全く新しいことを体験する…というものです。

全く未知のことを体験する場合、どうしても、注意力がその新しいところに向けられるので、夫婦問題について考えないで済みます。例えば、今までしたことがないスポーツをしてみる、新しい場所に出かけてみる、などのことをしてみます。単純な方法ではありますが、このように新しい体験をすることは、気持ちを大きく変えてくれることに役立ちます。

夫婦問題についてあえて悩む

3つ目は、「悩む時間を決める」というものです。これまでご紹介した方法は「夫婦問題について考える時間を減らす」というものでした。しかし、3つ目の方法は逆に「夫婦問題について悩む時間を積極的にとる」と言うことを行っていきます。

例えば、「今日の午前7時から8時までは、とことん問題について考える」と決めておくことで、それ以外の時間は、その事について考えないで済みます。例えば、7-8時以外の時に、別居のことや夫婦問題について考えそうになったら「あと1時間後に考える時間がやってくるんだから、今は考えないようにしよう」と決めて、気分を切り替えることが出来ます。

その他、いろいろ方法はあると思いますが、人によって合う、合わないはどうしてもあります。なので、いろいろ試してみて、自分が効果があると思えることを採用して、続けるようにしてみてくださいね。そして、ストレスから子供に対して八つ当たりしてしまうということを減らしていきましょう。

もちろん、どうしようもないときは下記のニュースレターも参考にしてください。

まとめ

今回の記事を参考に、夫婦問題についてのストレスを減らせるよう取り組んでみてください。その他、夫婦関係を修復するためのノウハウは専用ニュースレターで公開しています。今なら無料なので下記のフォームにメールアドレスをご登録ください。

関連記事

今回の記事だけではストレスはそれだけで万事解決とはならないことも多いと思います。そこで、ストレスや別居、夫婦関係の修復についての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、対処方法など知識を深めて頂くことが出来ます。

別居したときのストレス

別居時のストレス
同居しているときだけでなく、別居になったとしても相手に対してストレスを感じることはありますよね?例えば「いつまで夫との別居が続くのだろうか」、「このまま1人で生活を続けないといけないのか」など、不安も大きいものです。

そこで、別居したときのストレス対処方法について下記で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

参考ページ:別居した時のストレス。あなたはどう対処している?

提案で不適切な発言


相手に提案をするという際、不適切な表現方法を使ってしまうと相手が承諾してくれないばかりか、夫婦関係が悪化してしまうと言うこともあります。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫婦関係が悪化する言葉とは?

子供を連れての別居


子供を連れて別居したいと思っているけれど、どのような手順でそれを進めれば良いのか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:子供を連れて別居したいけど、何から始めれば良い?