会話でどんな言葉をかけれる?

「夫と何を話したら良いか分からない」、「どんな言葉をかければ、夫と関係改善しますか」、「話し合いでどんなメッセージを伝えると離婚の考えを変えてくれるか?」。こう言った質問は、夫婦カウンセリングをしている際、よく聞かれることの1つです。

確かに、どんなメッセージをやりとりするのか?というのは重要な点の1つですが、「言葉だけに頼ったコミュニケーション」は失敗の元です。人は、言葉以外でたくさんのコミュニケーションをとっているからです。

コツは言葉以外にアリ

例えば表情や声色です。「いいですよ」と相手が言っていても、眉間にしわを寄せて、その声のトーンが投げやり的な態度で発しているなら、表面上「良いです」という意味であっても、真意は「良くない」ということですよね?

このように、声のトーンや表情には、時には言葉を超えたメッセージが含まれており、それを正しく認識出来るかどうか?ということが、夫婦間のコミュニケーションの鍵を握っています。

実証その1

それを裏付けているのが、アメリカのベロイト大学ジョン・カートン博士の実験です。彼の実験では、大学生60名を対象に顔の表情や声のトーンなどから、相手の感情を読み取ってもらうテストを行いました。すると、表情や声のトーンから相手の気持ちを読み取る事が出来るほど、人間関係の幸福度は高かったという結果が出ています。

論文1

出典:AmericanPsychologicalAssociation

実証その2

また、夫婦関係でも類似の結果を導き出している研究結果があります。イリノイ大学ジョン・ガットマンの博士の研究では、41組の夫婦について調べ、結婚満足度が高い要因についてい調べました。すると、満足度の高い夫婦では、「相手の非言語的メッセージを読み取っている」ということが判明したのです。

論文2
出典:AmericanPsychologicalAssociation

夫婦の会話でスグ使える方法

相手の言葉以外のメッセージを読み取るのは、コツが分かれば難しくありません。言葉だけに注意を向けるのではなく、相手の体全体を観察する姿勢で会話をしていきます。

会話のシルエット width=
例えば、笑顔でニコニコしていたり、前のめりで会話をしているなどの反応があれば、相手の気分はポジティブなのだと感じることができます。そういうサインが見えれば、会話を積極的に続けていきましょう。

また、相手が腕を組んでいたり、手に力が入っている様子であれば、会話は慎重に進めた方が良いです。ややストレスを感じ始めているからです。あるいは、眉間にしわを寄せていたり、目を合せてくれない状態だったり、のけぞったりしているなどのことがあれば、完全に赤信号です。この場合は、会話を早々に切り上げた方が良さそうですよね。

図解「慎重に進める」
このように、相手の体全体に目をやめるように意識すれば、意外に多くのメッセージを受け取ることができます。そして、そのメッセージから会話を積極的に続けるのか?慎重になった方が良いのか。あるいは、話題を変えたり、早めに退散した方が良いのか?などを判別していくことも出来ます。

ぜひ、夫婦問題の話し合いの際や日常会話をするときに、注意してみてください。

まとめ

今回は、夫婦の会話のコツについてお伝えしました。会話を上手く弾ませようと思えば、発言内容(メッセージ)ばかりに注目していては、限界があります。発言内容以外に、多くのメッセージが含まれているので、そちらに注目するようにしてみてください。具体的には下記のようなものが一例として挙げられます。

  • 前のめりで会話しているのなら積極的に会話を進める
  • 腕を組んで話をしているのなら慎重に
  • のけぞっているなら、早めに話題を変えるか会話をやめる

このように会話のメッセージ内容以外に目を向けることで、もっと相手の気持ちを読み取る事が出来るようになります。そしてそれは、会話を弾ませていく上で大いに役立つハズです。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。