夫にどう許してもらう?

夫や妻を傷つけてしまったり、怒られてしまうと謝罪をして「許してもらう」必要があります。

例えば、失言をして相手を傷つけた。あるいは、自分の浮気などによって相手を怒らせてしまったなどの時です。

このような時、出来る限り、効果的な謝罪を行い、相手の怒りや悲しみをスムーズに解消したいところです。そこで、今回は夫や妻から許しを得るための効果的な謝罪方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も謝罪を伝えても、夫からなかなか許してもらえないで困っています。どうにか少しでも早く許してくれると良いのですが…。

体験談「謝罪しても許してもらえない」

謝罪の体験談として、夫婦やりなおし相談室アシスタント椋田のエピソードを語ってもらいます。椋田は以前夫を怒らせて許してもらえなかったと言います…。

夫の機嫌を損ねて失敗

こんにちは、アシスタント椋田です。今回、私の体験談をお伝えさせてもらいます。少しでも参考になれば幸いです。

相手の機嫌を損ねてしまうと家庭の雰囲気は最悪だし、一日気分がどんよりしますよね?軽い喧嘩のつもりがあれよあれよという間に意図せぬ方向に行き、最悪の結果を招くこともあります。こんな失敗を繰り返してきた私の体験談を聞いて下さい。

夫が隠れて女性と食事

私たち夫婦は結婚2年目なのですが、交際中から喧嘩を繰り返してきました。喧嘩の原因は決まっていて、夫の女性関係です。とはいっても不倫といったものではなく、私の勤務中に特定の女性と食事に出かけるだけなのですが・・。

しかし隠れて、時には嘘までついて出かける夫の行動にいつも傷ついてきました。

出て行けと夫が怒り心頭

当時は夫がその女性にずいぶんと気持ちが傾いていたことをふと思い出しては苦しくなり、夫を責め続けました。

夫は一切謝ることなく「一生こんな風に責められるくらいなら一人のほうがましだ」と繰り返すばかり。

最後はいつも「しばらく違う部屋で寝て」と言われ、数日は話しかけても相手にしてもらえません。ある時は怒りが収まらず「出ていけ!」とすごい剣幕で怒鳴られ、朝まで車中で過ごしました。

謝罪しても許してくれない

喧嘩で散々、夫を責め立て怒りを吐き出した私は少しすっきりし、言い過ぎたな、と雰囲気を変えるため夫に謝罪して話しかけるのですが、相手は怒りが収まらない様子。それはそうですよね。

プライドを傷つけられた直後に気持ちを切り替えられる人なんていません。

大人しくして夫の機嫌が直るのをひたすら待つしかありませんでした。喧嘩の後、女性は相手と向き合って修復しようとするのですが、男性は逆で一人こもって冷静になろうとする傾向があるように思います。

「元々は私のせいではないのに」と過ぎたことを思い出しモヤモヤしてしまったのです。

許してもらう謝罪にはやり方がある

謝罪をしても相手が自分の事を許してくれないということはありませんか?このような時、どうすれば相手の怒りや悲しみを解消することが出来るのでしょうか?

謝罪を伝える際に重要なポイントの1つは時間帯です。

謝罪に最適な時間というのはある程度決まっていて、その時間帯に行えば謝罪を引き出しやすく、逆に不適切な時間帯に謝罪をしても一向に許してもらえないと言うことになりがちです。

では、その適切な時間帯はいつなのか?

ズバリそれは、食事の後の時間帯です。逆に言えば食事後、時間が経過すればするほど、許しは得られなくなっていきます。

なぜそんなことが起こるのか?ということですが、これはおそらくブドウ糖の摂取が作用しているからだと思われます。

実証

実際、イスラエルにあるベングリオン大学、Shai Danziger博士らが裁判記録を調べ、食事後は寛大な気持ちになり、判決が囚人に対して有利であることが判明しています。

論文
出典:pnas.org

調査内容は、イスラエルの刑務所で収集した1,112件の司法判断から構成されています。裁判官は毎日、14~35件の判断を下す作業を行っていますが、その間に2回の食事時間を設けています。

すると、朝食後は、判決が囚人に対して有利になっており、その後、時間が経過するに従い厳しくなり、昼食前には、囚人に対して有利な判決はほぼなくなりました。

しかし、昼食をとって再度、判決の仕事に戻ると、また囚人に有利な判決が下されるようになりました。そして朝食時と同じく、時間が経過していくに従い、囚人に対しての判決は厳しくなっていったのです。
調査結果のグラフ

法律に忠実に判断していると思われる裁判官でさえ、「食事のための休息をとる」という行為によって判断が左右されているということです。

許してもらうための謝罪ポイント

実験の通り、判断は相手が食事を摂った後のタイミングであれば、比較的、寛大になってもらいやすいということが分かります。

そこで、もしあなたが相手に謝罪をしなければいけないのであれば、そのタイミングに気を付けてみてください。そのタイミングが空腹時など、間違った時間帯であれば、厳しい結果になりやすくなります。

一方、食後などのタイミングで行えば、比較的、許しを得やすくなる可能性が高いです。
図解解説

まとめ

今回は、相手が寛大になり、許しを得やすくなるためのタイミングについてお伝えしました。もしあなたが謝罪をする必要があるのなら、相手からの許しを得やすいタイミングに伝えてみてください。相手が食事をした時を狙って謝罪を行い、空腹時を避けるよう対応します。この時間帯を外さないことで、相手から「許してもらう」ということにつながります。

もちろん、謝罪をする際には、タイミングだけに気を配るのではなく、心から気持ちを込めてメッセージを伝えるということも肝心です。人は、「この人が本気で謝罪しているのかどうか?」を肌で感じることができますよね?

また、もし今、相手を怒らせてしまって離婚問題などに発展していたとしても、諦めず謝罪メッセージを伝えていきましょう。熱意が伝われば人の心は動きます。

そして最後になりますが、夫婦関係を修復したいと思っている方に朗報です。今、具体的なノウハウを解説した『夫婦関係修復ニュースレター』が無料購読いただけます。今のウチに下記より無料登録しておいてください。

よくあるご質問

ここでは、謝罪をして相手から許してもらうための方法について、よくある質問にお答えしていきます。

怒りが大きくて手が付けられない場合は?

【Question】
タイミングに配慮して謝罪をしたつもりなのですが、やはり夫から許しを得ることは出来ませんでした。相手の怒りが相当大きいという場合、どうすれば良いでしょうか?

【Answer】
タイミングに配慮して謝罪をしても、必ずしも許してもらえるとは限りません。相手が相当、機嫌を損ねているのであれば、尚更です。

このよう相手が許してくれない場合、どうすればいいのでしょうか?

許してもらえないという場合、まずは謝罪メッセージの内容を見直してみてください。これが不適切だと、いくらタイミングが良くてもなかなか許してもらう事は難しいです。

メッセージ内容についても細かく言えば、注意点はいくつかあるのですが1つだけ重要な点を挙げるとすれば、それはあなたの謝罪メッセージにきちんと「その件については自分に責任がある」ということを明確化しているか?です。自分に責任があるということを、ハッキリと明言して認める必要があります。

この要素が入っているかどうか?は許しを得られるかどうか?という上で1つの重要な点になります。その他、謝罪する歳の重要な点は上記のニュースレターをご確認ください。

関連記事

さて、今回の『夫や妻から許してもらうための方法!効果的な謝罪でスムーズ解決』についての記事はどうでしたか?

謝罪の1つのポイントは今回の記事で紹介したとおりタイミングです。まずは正しい対ミンクで謝罪することを念頭において進めてみてください。

また、謝罪や激怒した相手への対応について関連記事もご紹介しておきます。併せて読んで頂くことで、謝罪方法や怒りの解消法などの知識を深めて頂くことが出来ます。

夫が激怒

激怒
夫を怒らせてしまって、謝っても許してくれないと言うことはありませんか?時には、無視されるなどのこともあるかも知れません。放置しておくと離婚問題になっても良くないですよね。そこで、機嫌を損ねて拒絶的な夫にどう対応すべきか、詳しく解説しました。

参考ページ:夫婦喧嘩などが原因で夫が激怒した

夫婦喧嘩を避けたい

夫婦喧嘩
夫婦喧嘩後は、謝罪しても相手の機嫌が回復するにはそれなりの時間もかかりますよね?なので、夫婦喧嘩は避けられるのであれば、避けたいもの。そこで、ここでは防止方法についてくわしく解説します。

参考ページ:夫婦喧嘩を避ける簡単な方法

夫婦関係を修復したい


夫婦関係を修復したいと思っているけれど、一体、どこから始めれば良いのか?注意すべきポイントや、どこにチカラを注げば良いのか?など、全体像を把握しておきたいのであれば、下記の記事が役立ちます。夫婦関係を前進させたいとお考えなら早速確認してみてくださいね。

参考ページ:夫婦関係の修復に効果的な方法