別居生活を続けていると、浮気をしているのではないか?など、いろいろな疑いが止まらなくなってしまうことがあります。場合によっては、疑っていることをご主人にメールや電話で伝え、夫婦喧嘩につながってしまうことも。

これだと、お互いが疲弊してしまうことにもなり兼ねません。もちろん、今後、問題行動が明確になった時は、注意や叱責を行いながら、問題行動を改善してもらうよう促す必要はありますが、事実関係が不明瞭にもかかわらず、むやみに疑っていくことはやめていきましょう。別居を続けているといろいろありますが、ご主人との対立関係に圧倒されるのではなく、自分の心の中の不安に負けないでください。