話し合いの際に、感情的になるあまり、「もう殺してくれ」「死にたい」などを口走ってしまうことがあります。しかし、これは、ご主人からすれば、脅しの発言だととらえるようになり、今後、話し合いにも応じてくれなくなってしまうような可能性もあります。

話し合いで、とことん嫌な思いを相手にさせてしまうと、今後、話し合いの機会を作ることさえ困難になってくるということを忘れないようにしましょう。

また、逆にご主人が話し合いに対して理不尽なことばかりを言う、ということであれば、話し合い自体は保留にして、実施を見送ることも時には必要です。そういう理不尽なことがまかり通るような話し合いに慣れてしまうと、今後、要求はさらに厳しいものになってくるからです。…この続きは、このページから夫婦関係修復ニュースレターに登録してごランクださとい。