こんにちは。
夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

別居されているご夫婦の中には
お互いに納得して別居しているカップルと、
一方が納得していない、不本意ながら別居をしている場合があります。

納得している夫婦であればその別居が離婚のための準備期間であっても、
修復するために必要な一時的に距離を置くという意味であっても
目的が一致しているので大きなトラブルにはなりません。

 

しかし一方が納得していないまま別居が始まってしまった場合、
納得していないほうの気持ちは複雑です。

ご主人が一方的に別居を言いだし、出ていってしまった場合、
あなたが納得していないとしても大の大人の男の人を家に強制的に縛りつけておくわけにもいきません。

ご主人がどんどん部屋を探し、
別居準備を始めてしまったらあなたはそれを止めることができず呆然としてしまうでしょう。

・どこに住んでいるの?
・どんな部屋でどんな暮らしをしているの?
・まさか他の女の人と一緒に暮らしているんじゃないでしょうね!?

住所を知らされている場合はその場所を
確かめに行きたいという欲求が出てくるかもしれません。

住所を知らされていない場合はご主人の友人にさぐりを入れてみたり、
ご主人のカバンからこっそり別居先のヒントがないかレシートを探してみてたくなるかもしれません。

しかしご主人の別居先に行ってみたり、最寄駅を確かめたところで、
それが直接的に別居の解消や、夫婦関係の修復には役立ちません。

その時のご主人にとってあなたとは同居はできないというのが答えです。
そんな時に別居先に行ったり、いろいろ嗅ぎまわっていたらますます別居解消の機会が失われてしまいます。

不本意ながら別居になってしまった場合、
まずは残されたあなたやお子さんの生活が乱れないように心を配りましょう。

そして、今はそう思えなくても、必ず、別居を解消したり、
夫婦仲を改善していくチャンスはやってきます。