スマホばかりの夫

あなたのパートナーは、スマートフォンの使用時間が長くなり、昼夜逆転の生活を送ったり、精神的に依存してしまいスマホが手元にないとイライラするような状態になっていませんか?

スマートフォンばかりになると、夫婦間のコミュニケーションが途絶え、関係交代の要因になります。その具体的な兆候としては次のようなものがあります。

  • 風呂にもトイレにもスマホを持ち込む
  • 食事中もスマホを見る
  • 起床するとスマホのチェックが最初の行動
  • 自宅内を歩きスマホしている
  • 声をかけてもスマホしか見ていない

夫婦のどちらかがスマホばかりに時間をとってしまうと、夫婦関係に悪影響が生じてしまいますよね。そこで今回は、スマホが原因で会話がなくなってしまった場合の対策について詳しくお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

うちの夫もたいてい休日は一日中、ゴロゴロしてスマホをいじっています。夫婦間の会話も減ってきてますね。

スマホばかりになることで生じる家庭内の問題

夫婦のどちらかがスマホに夢中になってしまうと、家庭内に様々な問題が生じます。その一例をここでは紹介します。
スマホによる悪影響

1.夫婦間の会話が減る

スマホばかり夢中になってしまうことで、最初に訪れる問題の1つは夫婦間での会話が減るというものです。場合によっては食事中もずっとスマホをしているということもあるので、会話ができる時間がありません。

スマホをやめるように伝えても、返事だけで一向にやめる様子がなく次第に、相手が不満をため込むようになります。

2.子供が真似する

教育上の問題も大きいです。例えば、食事中に夫がスマホをしていて、それが日常化すれば子供もいずれそれをまねするようになっても不思議ではありません。「お父さんがそうしているのに、どうして自分はスマホをいじっては駄目なのか」と言われれば、親として何とも説明ができないです。

3.家族への無関心

スマホでSNSやゲームに夢中になることで、家族のことに対して注意を向ける時間は減っていきます。次第に、スマホの世界が現実の世界を侵食し、家族から孤立していきます。

そうなってくると、家族に対ししての無関心という状況を招きます。

スマホをやめさせるための対策

夫婦のどちらかがスマホばかりの生活になってしまった場合、夫婦関係を大きく後退させる要因になります。そこで、なんとかやめさせ、会話を取り戻したいところです。

もちろん、深刻な場合は依存症の専門家に助け求めて進めていくことが望ましいです。ただ、状況がまだそこまで深刻化していないのであれば、夫婦間でできることもあると思います。

1.ルールを決める

率直に夫に対してスマホばかりに時間がとられていることを伝え、ルールを決めてスマホを使用するようにして欲しいということを話していきましょう。できれば、スマホを使う「時間と場所」を決めるようにし、それ以外のところでは使用しないということを促していきましょう。

2.スマホに代わるものを用意

「スマホをしたい」という相手の気持ちを制限するということになると、当然、相手は欲求不満を感じてしまいます。単純に言えばスマホをしないことでストレスが溜まります。

欲求不満についての図解
このように我慢ばかりというのは長続きしませんので、スマホに代わるもので、夫婦で楽しめる行動を増やしていきましょう。スポーツでも、音楽でも、スマホよりは健康的なことで、一緒に取り組める物を探してみてください。これは、夫婦のどちらか一方が相手に押しつけるものではなく、一緒に決めると言うことも大切です。

3.ペナルティを課す

スマホに依存している状態から脱するというのは、やってみると分かりますが、なかなか簡単ではありません。時には決めたルールを破られると言うこともあると思います。

このような場合は、ある程度、ペナルティを課すということを進めても良いと思います。もちろん、このペナルティについては、事前にルールを決める際に相手と合意した上で進めていきましょう。例えば「スマホの使用方法を守らない場合は、3日間の使用停止にする」などのことです。

「罰を与えるようなことは効果がないのでは?」と思ってしまいますが、オークランド大学のOverall博士らは、必ずしもそうではないということを伝えています。


出典:Overall et al. (2009)

博士らは相手を変えるための方法として「罰する」といった方法と、「合理的な説明をする」、「ユーモアを交えて説得する」などの方法を比較したところ、12ヶ月後には、「罰する」などの方法をとったほうが相手の行動が変化しているということが分かりました。

もちろん、やり過ぎはよくありませんので、最初のルール設定の時点でペナルティについてもきちんと説明をした上で進めてみてください。

まとめ

今回は、相手がスマホばかりいじっていて、夫婦間の会話がないという場合の対処方法についてお伝えしてきました。スマホでゲームばかりしている、SNSばかりしているなど状況はそれぞれですが、状況が軽い内に打てる手を打っていきましょう。

その他、夫婦関係を修復するためのノウハウは下記のニュースレターで公開しています。今なら無料登録していただけますので、下記のフォームよりどうぞ。

よくあるご質問

ここでは『夫がスマホばかりで夫婦の会話がない』について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

話しかけても「うん」だけの返答

【Question】
夫がスマホばかりしていて、話しかけたとしても夫は「うん」とか「はぁ」とか、聞いているのか聞いていないのかよく分からない返事しかしてくれません。どうすれば良いでしょうか?

【Answer】
正攻法で対処するとすれば、まずは本人と一度、スマホの問題について一緒に話し合うということが必要だと思います。その際に、ルール作りやスマホに代わる時間の使い方などまで話しを進めていきましょう。

もちろん、悪習慣として一度身についたことは、簡単にやめさせることができません。ただ、全く変化がないというわけではありませんので、根気よく対応を続けててきましょう。

用件のメッセージも聞き逃される

【Question】
大事な用件を伝えるのですが、いつもスマホをしていて、しっかり聴いていません。後々「そんなことを聞いていない」ということで問題になることが多々あります。どうすれば良いでしょうか?

【Answer】
本人がスマホはよく見ているということなので、まずはLineなどで重要な用件を伝えるようにしてはどうでしようか。記録が残ることなので、相手も「聞いてない」とは言いにくいと思いますので。もちろん、最終的にはスマホばかりする悪習慣をやめてもらうことが大切ですが、すぐのことにはならないと思うので、当面はそのような対応してみてください。

関連記事

ここで夫婦関係の修復に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

スマホをやめるよう意見できない

意見できないことについての記事
夫にスマホをやめて欲しいと思っても、その気持ちを伝えることができないということありませんか。例えば「それを言えば、何倍にもなって批判が返ってくるのではないか?」などの心配があるかもしれません。そのような場合の対応についてお伝えします。

参考ページ:夫に言いたいことが言えない

夫がイライラしている

不機嫌についての記事
スマホを止めると、大なり小なり夫がイライラする可能性があります。そのようなとき、相手の気分に振り回されないようにしたいところ。具体的にどうすれば良いのか?詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫の不機嫌やイライラに振り回される?

意見して承諾してもらう

承諾をもらうための記事
夫にスマホをやめるように提案しても、それを拒否されると言うこともあると思います。ではどうすれば、こちらの要望を承諾してくれやすくなるのか。その詳細についてお伝えします。

参考ページ:夫に頼みごとを承諾してもらう方法