夫との性格や価値観が違うということで、不満を感じていませんか?

例えば「夫の教育方針があわない」、「趣味が違う」、「意見がいつもすれ違う」など、感覚や性格のズレが結婚生活の不満につながってしまいますよね。

しかし、本来、夫婦間で性格が全く一緒などということは起こり得ないので、性格の不一致があることは自然な事です。

だからこそ「性格はそれぞれ違う」ということを前提に、夫婦関係を築いていく必要がありますよね。そこで今回は、性格不一致を乗り越えて円満な夫婦関係に変える方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も夫と自分の性格上の不一致ばかりだなと思っています。教育方針が違う、趣味が合わないなど。そんな夫婦でもこれから上手くやっていけますか?

性格不一致の具体的な種類

まずは性格不一致と感じて夫婦関係に不満を感じるのは、どのような種類があるのでしょうか?性格不一致の具体的なパターンを取り上げますまで、自分が該当しているものがないか確認してみてください。

教育方針が異なる

子供がいる場合、その教育方針に違いを感じてしまうと言うことがあります。例えば、「自分は子供と友達のような関係をつくれれば良い」と思っていても、相手は「厳しく師弟関係のように育てる必要がある」などのように考えているかも知れません。

このように教育方針が異なるということで、相手と価値観が違う、性格が合わないとなり問題になることがあります。

金銭感覚が違う

お金の使い方や貯蓄に対する考え方が異なり、性格不一致と判断してしまうことがあります。例えば相手は「長持ちするのだから、高いものでも購入すれば良い」と思っていても、一方は「できる限り安く上げたい」と思っているかも知れません。

あるいは夫婦のどちらかが「貯蓄よりも今、お金を使って生活を楽しむことが大事」と思っているけれど、一方は「1円でも多く、将来に備えて貯蓄したい」と思っているかも知れません。

このような金銭感覚の違いは、性格の不一致と判断され問題に発展することがあります。

時間感覚が違う

あまり多くの人が意識していないですが、時間感覚のズレも夫婦のストレスになりやすいです。

例えば「これから外出しよう」となった時、相手はゆっくり準備をしているけれど、自分は準備をほどほどに、少しでも長い時間も外で過ごそうと思っているかも知れません。

あるいは、「公共料金の支払い手続きをしておくよ」と相手が言っていたので、自分はすぐに対応してくれるのだろうと思っていたけれど、相手は2-3カ月以内に対応すれば良いだろうと思っているかもしれません。

このように時間感覚のズレは、お互いペースが乱されてしまうので性格の不一致と感じることにつながります。

実家への関わり方が違う

夫婦間で実家に対しての関わり方が異なる場合も、性格の不一致となって問題になることがあります。

例えば夫婦のどちらかが「親には何でも相談する」と思っていて、夫婦のことでもまずは親に相談すると言うことがあります。そうすると、もう一方は「どうして夫婦の事を親に先に相談するのだ」と感じてしまいます。

このように実家への関わり方が異なる場合も不満につながります。

その他、性格の不一致や価値観の違いだと、感じてしまう具体的な問題の種類はたくさんありますが、ここでは上記の4つを取り上げてみました。結婚生活を送っていると、このように様々な不一致が存在しますが、次にこれらの不一致をどう解決していけばいいのかについてお伝えします。

相違点を脅威に思う

上記に挙げたように、性格の不一致に至る原因は様々です。しかし、その相違点が問題になるのかどうか?というのは、違いを「脅威」に感じるかどうかです。

「自分とこんなに子育ての考え方が違うのなら、もうやっていけない」。このように相手との相違点を恐れ、だから別居する、離婚するという話しにまで悲観的な考えが及んでしまいます。

性格の不一致を脅威に感じるの図解
夫婦関係を良くしていく上で大切なのは、相手と自分との違いを脅威に思うのではなく、歓迎することです。「違いがあるからこそ、それを活かして、より良い結婚生活に変えていける」のように考えを変える必要があるかも知れません。

実験:カップルが上手くいく秘訣

ここで、上手くいくカップルが相手の性格、特に相違点をどう見なしているのか?ということについての実験を紹介しておきます。

アメリカにあるカリフォルニア大学の心理学者Diane Felmlee博士は125組のカップルを調べて、どういうカップルが幸せになっているかというのを調べました。すると、相手との相違点を「ここが悪い」「あそこが悪い」というように欠点や問題点として見るのではなく「長所として見なしている」という事が分かりました。逆に、魅力的に思っていた点が、欠点に思えてくると関係が終わっているようです。

論文
出典:ResearchGate

これはカップルだけではなく、夫婦にも当てはまると思います。自分と相手との相違点を脅威に感じていれば、早々に関係が悪くなってしまいます。

相違点を活かす

もちろん、夫婦それぞれの育った環境も全く違うわけですから、相違点は多々あると思います。

しかし、その相違点を自分と合わないからということで脅威や不安に感じる必要はありません。逆に、相違点を活かして、日常生活をより良いものに変えていくことも出来るはずです。そして、今回紹介した実験の通り、そのように考え方を変えていくことが上手くいく秘訣になります。

例えば、「細かいことにうるさい」という相手の性格を嫌なところだ…と普段は思っているかも知れません。しかし、その「細かい点にうるさい」というのは、時に大いに役立つ事もありますよね。

例えば「保険契約をする」、「高額な買い物をする」などの時には、細かいからこそ契約前にリスクなどがあれば、それに気づくことが出来る、などのこともあるかも知れません。

どういう性格も、場面が変われば長所に変わるものです。
図解
だからこそ「確かに夫は、細かいところにうるさい。でも、そのおかげで、大事な契約などをするときには助けてもらっている」という具合に見方を変えてみる事が必要です。

まとめ

今回は「相違点を脅威や不安に感じるのか」。それとも「相違点を活かして、より良い結婚生活に変えていくのか」ということについてお伝えしました。相手の性格は簡単には変えられません。

だからこそ、今のままの性格でも、上手くやっていけるよう、自分の見方や対応を変えていく必要があります。

不安や脅威として相手の性格を扱うのか?それとも、この相違点を活かすには?と考えるのかによって、夫婦関係は決定的に異なるようになります。

今回お伝えした内容より、さらに詳しいコンテンツは下記のフォームからニュースレターをご登録ください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『性格が合わないから別居した方がいいのかな?』についての記事はどうでしたか?

性格の不一致は脅威に感じてしまう部分もあるかも知れません。しかし、大切なのは相違点を活かそう探そうとする姿勢。ついつい人は自分と違う点に腹立たしく感じてしまいますが、結婚生活を上手く送るための秘訣はそれを活かすことです。

ただ、性格の一致・不一致については、色々難しい問題が多々あります。そこで、関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、理解を深めて頂くことが出来ます。

統計的な分析


最大の離婚理由は「性格が合わない」という点です。「ここが違う。あそこが違う」というように、違いに脅威を感じて離婚に至ります。そこで、ここでは男女別のそれぞれの離婚理由に関する統計を取り上げて解説していきたいと思います。

参考ページ:統計から見えてくる離婚理由!

夫の性格が嫌い

性格
意地の悪い夫にイライラ!そんなことはありませんか?確かに、夫の性格は好ましいものではないかも知れません。しかし、実はその状況を悪化させているのは、案外自分に原因があるということもあります。そこで、夫の性格が嫌だ!と思ったときこの記事を読んでみてください。きっと参考になると思います。

参考ページ:夫の性格が嫌に思えたら