夫婦喧嘩や別居後、ご主人と夫婦仲を改善したいと考えているとき、話し合いをしても、一気に「夫婦関係を修復しよう」という合意に至ることは難しいかもしません。、そのような場合、どうすれば良いのでしょうか?

話し合いの内容として、それを解決するための1つの方法が、「可能な範囲で積極的に妥結する」という方法です。例えば、「私たちは、夫婦としてはもうやり直すことは難しいのかもしれない。でも、子供達の親としては、しっかりやっていくようえにしないか?」などの提案を行います。

 

「いやいや、私はそんな解決策は望んでいません。夫婦仲を完全に良くしたいのです」

と、あなたは思うかもしれません。

 

もちろん、その希望はその希望で、しっかり心に持っていて欲しいのです。しかし、話し合いで、積極的に妥結していけるところは、妥結していく、ということを実践してみると分かりますが、後々それは、変ってくるのです。例えば、上記の提案で一旦妥結したと仮定します。もちろん、自分としては、夫婦関係を完全に良くしたいという希望があるので、まだ満足ではないです。しかし、それでも、妥結できることを積極的に妥結していきます。すると、今度は…(続きはこちらの夫婦関係修復ニュースレターを無料購読してください)