話し合い直前は緊張で一杯

「これから夫と離婚や別居の話し合いをしなければいけない」。このようなとき、緊張も最高潮に達してしまいますよね。

しかし、緊張でガクガクになってしまえば、自分の伝えたい事も伝えられない上、夫の発言に対して、失言を発してしまう危険性もあます。

そこで、話し合い5分前でも出来る対策についてお伝えします。この対策をする事で、落ち着いて話し合いを進めることが出来るでしょう。そのテクニックとは「独り言テクニック」です。

ご相談者様ご相談者様

話し合いとなると、私も気が張り詰めてしまって、意識が遠のきそうです…。どうすれば良いですか?

緊張が起こるメカニズム

まずはどういう仕組みで、私達は緊張してしまうのか?そのことについて解説しておきます。

緊張したときの体の状態というのは、例えば血圧が上がる。手や足が震える。動悸がする…などが考えられます。

これは、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスがぐれることによって起こります。

緊張が生じる

緊張すると、ノルアドレナリンという物質が放出され、結果として交感神経の働きを高めるのですが、このノルアドレナリンが先ほどお伝えした血圧の上昇などの変化を起こすことになります。

また、ノルアドレナリンの出やすさは、ある程度、先天的な体質としてある程度決まっています。つまり、緊張しやすい人というのは、生まれつきそうなることが多いと言うことです。

「じゃあ、自分はすぐに緊張する体質なのでもうこれはどうしようもないのか?」

ということですが、ある程度、その緊張を緩和させていく方法がありますのでお伝えします。

話し合い前の緊張を緩和させる方法

それではここからは、話し合い前の緊張を緩和させる方法についてお伝えします。

あなたは独り言を話すことはありますか?

例えば、家の鍵を紛失してしまったという時、「確かに、自宅に帰るときは確かに鍵をバックからとってドアを開けた。そして、私は靴を脱いで、バックをここに置き、そのあと留め物が来たから玄関まで行ったよね。。その後、鍵は手に持ったままだったような気がするので…」という具合です。

このように独り言を言いながら、捜し物をするという経験は多くの人にもあるのではないでしょうか?

実はこのような独り言を言うというのは、自分のこと客観視することを促し、感情が落ち着くので、結果として実際に捜し物も見つかりやすくなると言われています。

客観視

パフォーマンスをさらに高める方法

ミシガン大学で2014年に行われた研究では、独り言をどのように発言するかで効果が変わるということが証明されています。

Self-Talk_as_a_Regulatory_Mechanismに関する論文
出典:ResearchGate

この実験では、Aグループ、Bグループに分け、人前でスピーチをする直前5分間の準備で、それぞれ異なった独り言を発してもらいました。

Aグループは「私はどうして緊張しているのだろうか?」「私はゆっくり話すぞ」のように「私」「僕」などの一人称を主語としています。

一方、Bグループでは「あなたはどうして緊張しているのか?」「あなたはゆっくり話した方が良いよ」など、二人称で話しかけるようにしました。

すると、Bグループの方が、スピーチを落ち着いて行うことが出来、恥ずかしさや、失敗したときの後悔なども少なかった…という結果になりました。

このように、独り言の中で使う主語を変えるだけで、自分の感情や行動を変えることができ、ストレス環境におかれても、高いパフォーマンスを出すことが出来たのです。

自分に言葉をかけて緊張を払拭

そこで、あなたも話し合いの直前では、自分に対して「あなたはゆっくり話した方が良い」「あなたは落ち着いて話が出来る」のように、二人称で自分に対して言葉掛けを行ってみてください。

それだけで、状況に飲み込まれないで、自分の事を客観し出来るようになり、より落ち着いて話し合いに臨むことができます。また、これは繰り返し実践することも重要です。というのも、肯定的な言葉を自分にかけても、すぐに人はまたネガティブな気持ちが湧いてきて、自分に対して否定的な声をかけてしまうからです。

否定的な言葉が湧いてきても、さらにそれを打ち消す言葉をかける。この繰り返しが重要です。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

よくあるご質問

ここでは『夫婦問題の話し合いで緊張しない方法』について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

夫婦間の話し合いが苦手です

Question
現在、夫と不貞のことで夫婦問題になっています。話し合いをして、不貞をやめてもらいたいとは思っているのですが、自分は話し合いが苦手です。話し合いをすることを考えただけで緊張してしまいます。どうすれば良いでしょうか?

Answer
話し合い自体を避けることは出来ないかも知れませんが、負担を減らすことは出来ます。つまり「話し合いで何もかもやってしまおう」と考えるのではなく、「話し合いの負担を最小限にして、できる限り別の方法を複合的に使っていこうと考えてみてください。

不貞の問題でも、他の夫婦問題でもそうですが解決の方法は「話し合い」だけではありません。別のアプローチを使って解決していくことも出来ます。なので、話し合いの負担を最小限にする、ということを検討してみてください。

第三者を入れたい

Question
夫と話し合いをしようと思っても、夫も私も話し合いがあまり上手くできません。どうしても、沈黙が続いてしまったり、結論が曖昧なまま終わってしまったりということが多々あります。そこで、第三者を入れて話し合いをしようか?と思っています。それは良い方法でしょうか?

Answer
基本的には、第三者を入れるというのは最小限に留めてみてください。仮に今回は、第三者を入れて話し合いをして、それで上手くいったとしても、この先、毎回、夫婦問題が起こる度に第三者をれいると言うわけにもいきません。また、第3者を入れた方が、夫婦問題が解決しやすくなるとも限らないです。実際、夫婦やりなおし相談室の統計でも、第3視野を入れた場合は、あまり解決に至らないことが多いです。

なので、第三者を入れるということも視野に入れつつも、別のアプローチも同時に検討した方が良いと思います。

夫が話し合い中、切れるので緊張する

Question
夫が話し合い中、自分の都合が悪いことを言われると切れてしまいます。そのため、私も話し合いをすると想像すると凄く緊張してしまいますし不安です。どうすれば良いでしょうか?

Answer
相手が切れてしまう…ということだと、対応も困ってしまいますよね。話し合いになると、また同じように暴言とかが飛んでくるのではないか?と想像すると、やはり緊張もしてしまうと思います。そのような場合は、通常、話し合い前にルールを決めたりして臨むことが多いです。例えば「話し合い中は、できる限りお互い冷静にして臨む。イライラしたら、一旦、中断する」などのことを事前にルールとして決めておくということです。その他、出来ることは色々ありますが、検討してみてください。

今回の関連記事

さて、今回の『5分前でもOK!話し合いで緊張しない方法』についての記事はどうでしたか?

話し合いは、とても緊張してしまうものですが、今回の記事を参考に落ち着いて臨んでみてください。話し合いは適切に取り組めば、夫婦問題の解決にも大いに役立てることが出来る方法です。

そこで話し合いについての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、話し合いについての知識を深めて頂くことが出来ます。

離婚危機を回避したい

離婚がかかった話し合い
離婚問題や別居のことで揉めているとき、どう話し合いに臨めば良いのか?具体的な心理技術を使って、離婚を回避するための方法を詳しく解説しています。夫が頑なな態度をとっているときは、この技法を活用して、話し合いに臨んでみてください。

参考ページ:離婚回避のための話し合い

夫の態度が悪い

態度が悪い場合の対応
折角話し合いに臨んでも、夫の態度が悪くてなかなか前向きな話が出来ないということはありませんか?このような時、どう対応すれば良いのでしょうか?朝の倫理効果と呼ばれる予防策や、実際に話し合いが始まった後、態度が悪いことに気づいたときの対処法など解説しています。

話し合いで行き詰まっている人はぜひ、参考にしてください。

参考ページ:話し合いの機会を持ったが夫の態度が悪い

話し合いはいつが良い?

When?
話し合いに臨む際、多くの人がメッセージ内容やどう説得するかばかりに注目しがちです。しかし、実はそれと同じくらい「いつのタイミングで話し合いをするのか?」ということも重要です。

そこで、タイミングに絞ってポイントをお伝えしましたので、こちらの解説をお読みください。話し合いの日程を決める際にも役立ちます。

参考ページ:夫婦で話し合い!タイミングはいつが良い